のっぴの自分探しブログ

人生を考えながら、旅行、アウトドア、面白スポットへ繰り出す。悩める20代です。

Webデザインの勉強しよう

仕事に悩み、色々な適正検査を受けた結果、デザイナーなら向いてるかもという診断結果が出ました。

 

プログラミング学習サイトで、HTMLを触り程度やってみたり、Webデザインの仕事について調べてみて興味が湧いてきたので、勉強してみることにしました。

 

学生時代の美術の授業等を思い出すと、センスにはあまり自信ないので、仕事に本当に結びつくかは分かりませんが…

でも最初から諦めるより、興味を持ったものはまずやってみる、という前向きな姿勢が大事たと思うのでやるだけやってみます笑

新しいことを学んで損はないですからね。

 

学習方法は、独学、専門学校、オンラインスクールと色々ありますが、

私はオンラインスクールにしました。

 

独学は、続かなそうなので無し

ネットでWebデザイナーになるには?等と調べると、「自分で考えて勉強出来ない奴なんて使い物にならない」のような書き込みとかあるのですが、

普段の仕事をしながらでも効率よく進めていくには、私には独学だと無理そうです…

本当にこのテキストで良いのか、やってることはおかしくないだろうかと不安になってしまいますし、進める手順が明確でないと後回しにしてしまう癖があるので

そういう性格自体向いてなければ仕事にするのは諦めます(早)

 

専門学校は、卒業まで2年も掛かり、現在の仕事も辞めなければいけないので25歳の私にはリスクが高い

夜間などもあるでしょうが、どっちにしても費用が高いですし…

あと、コミュ障の自分としては、勉強以前に人間関係が嫌になり、環境が原因で挫折してしまうかもしれない。

簿記検定の講座を受けに行っていた頃も、他人の電卓の音が気に食わなくてストレスだった記憶笑(結局オンラインサービスばかり利用してた)

 

そういう訳で、

・効率的に学習できる

・仕事をしながら好きな時に学習できる

・人間関係に振り回されない

・価格が通学制より安価

なオンラインスクールを選びました。

 

私が選んだコースでは、

HTML、CSSIllustratorPhotoshopの使い方を主に学べるようです。

半年位で講座が修了し、転職情報も見れる、受講者同士のオフ会もある等、サービスが充実してて良さそうです。

 

先日開講したので、ゴールデンウィークから頑張って行きたいと思います。

 

残念だったトルコ旅⑤帰国

翌日、荷物をまとめ専用車へ

 

バスの中でガイドさんが

「気球は明日も明後日も中止です。残念。」

もうどうにも無理だったんだな。

しょうがない。

 

カッパドキア空港からアタテュルク空港に戻り、空港内で最後のお土産タイム

 

鍋敷き、ナザールボンジュウ、ロクムなど定番のお土産は全て揃っていました。

ただ、値段はユーロ表記です。

 

職場でバラ撒ける小分けのお菓子が欲しかったけど、ロクムは基本粒ごとのパックになってないですね。

しかも粉が大量に掛かってるので、その場で手に取って食べてもらうにも迷惑かも…

マロングラッセもお土産で置いてあり、こちらは個包装になっていますが、値段がちょっと高い笑

 

結局私はザクロティーTバックにしました。

安くて嵩張らないし、甘いものが苦手な人にも良いですね。

 

空港内のトルコアイス屋さん
f:id:inoppi24:20190416191542j:image

イケメン美女店員

アイスはイメージと違い別に伸びなかったが、少しもちっとしてたと思う。

 

帰りの飛行機でもテトリスを長時間プレイしどうにか乗り切った。

アブダビの乗り継ぎ時間は1時間程だったので辛くなかった。

 

成田に到着したら、京成線が運転見合わせで特急や高速バスの窓口に列が…

 

JRのえきねっとアプリを入れていたのでスムーズに特急券を購入でき、帰宅出来ました。

 

楽しかったけど色々不運な旅でした😅

残念だったトルコ旅④カッパドキア

3月23日(土)夜

 

カッパドキアに到着

 

岩をくり抜いて作られた洞窟ホテルに宿泊

私が泊まったのは、MDCホテル

f:id:inoppi24:20190326190144j:image

f:id:inoppi24:20190326190210j:image


f:id:inoppi24:20190326190249j:image


f:id:inoppi24:20190326190312j:image

 

( ̄▽ ̄ )♡

 

そういえば、洞窟ホテルも結構楽しみにしてたんだった(のに忘れてた)

最近鍾乳洞や洞窟にハマっているので、この非日常的な空間で寝泊まり出来るのは楽しかったです。

暖かみのある照明と白い岩肌に癒されました。

マレーシアのようにシャワーが冷水しかでないとか、ロシアのように錆混じりの茶色い水が出てくるということも無かったです。笑

 

外観
f:id:inoppi24:20190326192007j:image

 

スタッフさんも親切で、スーツケースを部屋まで運んでくれたし、感じが良かったです。

 

3月24日(日)

カッパドキア終日観光

 

ラクダ岩
f:id:inoppi24:20190326191939j:image

 

中国人多し笑
f:id:inoppi24:20190326192143j:image

楽しそうで良いね

人の事言えないけど

派手な服着てんな

 

妖精の煙突
f:id:inoppi24:20190331024230j:image

 


f:id:inoppi24:20190331024651j:image

妖精というかキノコにしか見えない

 


f:id:inoppi24:20190331024727j:image

そして意外とデカい

旅行前写真で見てた時はもっと小さくてしょぼいと思っていた笑


f:id:inoppi24:20190331024404j:image

真ん中の穴に入り込み写真を撮る中国人

私もあの中に入りたかったが入り口が分からなかった

まさかよじ登った!?

そんな訳ないか、運動神経鬼過ぎる

 


f:id:inoppi24:20190331024914j:image

 


f:id:inoppi24:20190331024944j:image

写真左側にキノコ岩があり、右側にお土産屋さんがある

 

 

次、トルコ石ショッピング

(ツアー会社とタッグの押し売り)

 

トルコ石の説明後、20万もする純金+ターコイズアクセサリーを買わせようと営業トーク

 

金の価値は今後も上がるから資産になるよ

銀は安いけど資産にならない、金は飽きたら売れる

アンティークブルー(若干緑がかったトルコ石)はトルコでしか買えないよ

等めちゃくちゃ流暢な日本語で買わせよう買わせようとすごい

 

 

 

何度もピアス試着してたらガイドさんにため息つかれた笑

おめーなんて何つけても変わんねえから早くしろよってか

 

ギョレメ野外博物館
f:id:inoppi24:20190331224807j:image


f:id:inoppi24:20190331225001j:image


穴の内部は撮影禁止場所もあったり、狭い中人の入れ替わりで立ち止まってると邪魔そうだったのであまり撮らなかったが

そこに昔住んでた人らしき白骨等があった。

 

お昼ご飯は洞窟レストラン

ここにも中国人の団体観光客笑

多いなぁ、それともラクダ岩の集団か


壺焼きケバブとマスのグリルの選択制だった

ケバブは昨日も食べたので、魚のがいいなぁと思ったが、「壺」というのが面白そうだったのでそちらを選択

 

 


f:id:inoppi24:20190331225328j:image

ただのケバブやないか!!!

 

隣の中国人観光客の机には一人一人の前に壺置かれてるんですが。あの中にケバブ入ってたんじゃないの?

私の所はわざわざ壺から中身出した状態で持ってきてくれたんでしょうか。

カッパドキアトルコ人は非常に気が利きますね(壺ごと出して欲しかった)

 

 

イケメン?スタッフが片付けながら

 

「ジャパン?」

「ナガトモナガトモ!」

「ナガトモナガトモ!」

...パリッ(グラス割る)

 

 

お仕事お疲れ様です。

 

次、絨毯ショッピング

(ツアー会社とタッグの押し売り2)

 

ここについて、気球代を現金(日本円)で返金するガイド笑

「気球は1時間の楽しみ、でも絨毯は一生の楽しみ!是非買ってください」

 

私はカッパドキアで気球に乗った記憶と写真を一生の思い出にしたかったので、そう言われると何か腹立つ😤

もしや、絨毯買わせるために、本当は気球乗れたのにキャンセルした(かそもそも乗せる気なかった)んじゃない?という被害妄想をし始めた…

流石にそれはないか汗

 

f:id:inoppi24:20190331230216j:image

職人おばちゃんが絨毯を織っている様子、蚕から糸を作る工程を見学した後

写真のように商品を並べられる

営業マンの説明と、絨毯を並べるスタッフさんの流れが息ピッタリ

 

ここでも流暢な日本語で、流石の営業トーク

「良い絨毯は20万するけど、価値は上がっていく。絨毯を購入すれば資産になるし、投資になる。」

トルコ石と似たようなこと言ってんな

 

デザインは本当に可愛いが、要らない笑

お金に余裕のあるマダムは買っていくんだろうな

 

地下都市カイマクル

 

f:id:inoppi24:20190331233521j:image

世界遺産です。のプレート

 

ユダヤ人が迫害されていた時実際に隠れ住んでいた所らしい

地下4階まであるとのこと

 

ワイナリー
f:id:inoppi24:20190331232254j:image

奥のスペースでぶどうを潰し、左下の和式トイレみたいな穴に汁が流れる仕組み


f:id:inoppi24:20190331232600j:image

 

外敵を防ぐ扉
f:id:inoppi24:20190331232637j:image

奥側の丸い岩が扉で

真ん中の穴に棒を刺し、転がして入口を塞ぐ


f:id:inoppi24:20190331232917j:image

 


f:id:inoppi24:20190331232956j:image

天井が黒いのは、すす

料理とかで火を使っても煙突がないので焦げる

煙は、そのまま地上に出すと外敵にバレるので、下に換気扇を作り、地下を通して、別の離れた場所から排出していたそう

 

洞窟巡りは好きだが、こんな所で実際に暮らすのは大変だったろうに

 

ひらけている部分もあるが、狭い通路も多いので、スニーカーに動きやすい格好でないと観光しづらいかも

また、オンシーズンで人がもし賑わってたら、通行するだけで大変かも笑

 

ウチヒサール
f:id:inoppi24:20190331233624j:image

 

ラク
f:id:inoppi24:20190331233651j:image

 

洞窟住居に住む一般家庭訪問
f:id:inoppi24:20190331233810j:image

ティーを頂いた

 

中は、床にトルコ絨毯を隙間なく敷き詰めて、その上に座布団やソファー、暖炉、絨毯織り機、テレビ…

昔はこういう住居に住んでいる人も居たが、最近は普通の家に住む人が多いみたい

 

ローズバレー
f:id:inoppi24:20190331234403j:image

正直ローズという程赤くもないけど

やっぱり独特の形をした岩の連なりや地層は見てて面白い

 

近くのお土産屋さんで、

奇岩の置物を手作りしているおっちゃんを撮らせて頂いた

f:id:inoppi24:20190331234520j:image

40リラを30リラにまけてもらい購入

 

最後、三姉妹の岩


f:id:inoppi24:20190331234831j:image

 

なんて見てる余裕もないくらい風強くて寒かった…

ここにもお土産屋さんがあるので、色々見て回った

 

正直言うと…カッパドキアのお土産屋さんはホコリ被ってたり鍋敷きのタイルが欠けてたり扱いが雑笑

 

購入してる時、「ニーハオ?こんにちは?」言われ

オージャパンジャパン、こんにちはこんにちはありがとうありがとう

と何か明るく絡まれたので、コミュ障なりに頑張ってノリ返してたら

別の店員に「5リラ!5リラ!怒(早く金出せよ)」とキレられた

頑張らずに黙って払って出れば良かった

海外に行っても鈍臭そうでイライラされるのは変わらない…😩

 

ホテルで夕飯を食べ終了

残念だったトルコ旅③イスタンブール観光

3月23日(土)

朝から終日イスタンブール観光

 

競馬場跡

f:id:inoppi24:20190326171357j:image

f:id:inoppi24:20190326171319j:image

 

ボスポラス海峡クルーズ

f:id:inoppi24:20190326171606j:image


f:id:inoppi24:20190326171622j:image

途中から天気良くなった

眺めは良かったが、寒い

 

地下宮殿 バシリカ・シスタン f:id:inoppi24:20190326172640j:image

ドラクエに出てきそうな地下迷宮のような雰囲気で私好みの観光地でした。

宮殿と言っているが、実際の用途は東ローマ帝国時代の貯水槽だそうです。

埼玉の地下神殿と似たような感じか。

 

何故か柱を支えるメデューサの頭

f:id:inoppi24:20190326173049j:image

怖 

 

ズイズイ進んでしまうので、じっくり雰囲気に浸れなかったのが残念。

10分位で出た。

 

アヤソフィア(外観のみ)f:id:inoppi24:20190326173618j:image

中も見てみたかった

 

楽しみにしていたブルーモスク( ̄▽ ̄)

f:id:inoppi24:20190326173323j:image

f:id:inoppi24:20190326173240j:image

結構混んでる

スカーフは無料レンタル出来る

借りて中へ

 

蒸れた足の香り…

皆足臭いな

 

ん?
f:id:inoppi24:20190326173507j:image

何このプレートは…

 

ガイドさん「今ドーム改装中ですから」

 

えっ

 

 

 

まさかのど真ん中改装中

見所ゼロやん!!

 

超落ち込み

 

ガイドさん「写真撮りますよ〜」

いや、どこで写真撮っていいか分かんないです。

 

とりあえず、サイドの写真を撮っておいた
f:id:inoppi24:20190326173941j:image

まあ周りも綺麗だけど、中央のドーム部分がないとブルーモスクではない


f:id:inoppi24:20190326174515j:image

(画像元URL https://ganref.jp/m/tetra-angel/portfolios/photo_detail/f8702eed1520cb7ee1892da6380446a6)

こういうのを楽しみにしてたのに…

先に言ってよー( ´Д`)

他にも観光客結構居たけど、皆さん満足できたんだろうか

 

仕方ないので適当に写真を撮り、お昼のサバサンドを食べる

f:id:inoppi24:20190326174752j:image

美味しいけど量多いな

トルコ人は良く食べるのかな

 

食べてる時に物乞いの女の子にクレクレされた。

可哀想に。

でも私もお金欲しい側ですので。

知らんっ

 

改装中だったがまあ仕方ない、と気持ちを落ち着かせている所で追い討ちの一言

 

ガイドさん「明日のカッパドキアの気球、強風の為飛びません!笑」

 

エエェェ(´д`)ェェエエ工工

 

確かに、風強くて寒いとは思っていたが、

翌日の風速情報まで分かっちゃうんですね。

先週までは飛んでいたが、今週は風が強く昨日も中止になったとのこと。

 

でも、翌日(トルコ出発日)に振り替えられると旅行会社からの案内に記載されていたので、まだワンチャンあると思い、念の為聞いてみたら

 

ガイドさん「帰りの飛行機に間に合わないから無理ですよ笑 残念。お金は返金しますから」

 

工エエェ(゚〇゚ )ェエエ工!?

 

頂いたPDFに記載されてるんですが…

酷い

 

まあでも、気球は100%出来るとは限らないと思っていたから仕方ないにしても

2都市それぞれの目玉であった、ブルーモスクと気球両方潰れたのを連続で知ると、旅行のモチベーションが極限まで下がった。

 

モチベーションダダ下がりの中、トプカプ宮殿


f:id:inoppi24:20190326180430j:image


f:id:inoppi24:20190326180228j:image

ガイドさん「宝物庫は改装中の為入れません」

 

はぁ、そうですか

 

ハレムを見に行こうとしたら、入場券窓口で先頭の人達が揉めてる(?)

自由時間が少ないので、待ってられず諦めた。

 

ε-(´-` )

 

最後にグランドバザール

 

の前に、バザール前のお土産屋さんに案内された

やたら日本語饒舌なトルコ人店員

ここで買うとツアー会社にも利益になるのか、ガイドさんも若干買わせようと乗せてくる

時間ないので早くバザール行かせてくれよ

 

グランドバザール入口

f:id:inoppi24:20190326181121j:image

結構混んでる


f:id:inoppi24:20190326181136j:image

店舗が4000もあるらしく、確かに迷子になりそう

 

ロクムや鍋敷き、石鹸、スカーフなど欲しい土産は大体揃う感じ

 

自由時間が1時間だったので全て周り切るのは無理だったが、欲しかった鍋敷きと石鹸を購入できてとりあえず満足

 

鍋敷きは画像で見ていたよりクオリティ低いというかホコリ被ってたり色がハゲてる、タイルの端が欠けてたりで汚いのもあった

 

 

最後に、レストランで夕食f:id:inoppi24:20190326182333j:image

またケバブ

美味い

 

後ろにいた中国人団体客が、サラダをおもむろにビニール袋に移して持ち帰っていた、数人分

あれどうするんだろう、ホテルで食べるのかな笑

 

夕食後は、アタテュルク空港に移動し、カッパドキアへ…

 

 

鍋敷き トルコ タイル トルコ雑貨 陶器 トルコ製 花柄 キッチン雑貨 インテリア雑貨 ギフト プレゼント 鍋しき イズニック チューリップ 送料無料 送料込み 送料込

価格:1,600円
(2019/3/30 02:51時点)
感想(1件)

オリーブソープ120g(オリーブ石鹸)/ラーレリ社 ラベンダ&ローズマリー&ローレル3個セット【トルコお土産】【クーポン対象外】

価格:1,700円
(2019/3/30 02:53時点)
感想(5件)

残念だったトルコ旅②イスタンブール到着

3月22日(金)

 

14:00頃、イスタンブールのアタテュルク空港に到着。

 

現地ガイドさんが御出迎え、専用車にてホテルへ移動。

オフシーズンだからか、マイナーなトルコ専門旅行会社を利用したからか、ツアー参加者は私達だけでした。

 

ホテルへ向かう道
f:id:inoppi24:20190326152623j:image

異国感にワクワク

 

ホテルはヒルトンホテル ボモンティ
f:id:inoppi24:20190326152900j:image

元スラム街だそうで、周辺はヤンキーがスプレー缶で描いたイラスト(なんて言うのあれ)が所々あったり何とも言えない雰囲気の所も見えましたが、ホテルは凄く綺麗でした。


f:id:inoppi24:20190326153247j:image


f:id:inoppi24:20190326153214j:image

 

夕飯を食べに周辺散策へf:id:inoppi24:20190326153441j:image

 

まず気になったのは、トルコ人やたらクラクション鳴らすこと。

ちょっと前の車が停止するとすぐプップー

歩行者の横を通る時プップー

なんかよくわからんけどプップー!

 

プッププッププッププップー

うるせえよ少しは待てよ

 

そして歩行者は歩行者で赤信号待たない笑

日本でも、「赤は注意して渡れ」みたいな言葉を聞いたことがあるが(関西だっけ)、

注意してどころじゃなく当たり前のように無視して通ってる

 

車だけでなく歩行者にもモヤっとした。

狭い道ですれ違う時、普通はちょっと端によりながら通るか相手に譲ると思うが、こっちが避けるのが当たり前のような態度でズカズカ歩かれて腹たった。どいつもこいつも。

 

ムカつくから、一度避けずにこっちもズカズカ歩いたら正面衝突しかけたので結局ちょっと避けたが半身ぶつかった。

舌打ちされ、振り向いたら連れの女にニヤニヤ見られてた。

 

私がアジア人だからたまたまそうされたんだろうか。

それとも私だからだろうか。

 

なーにが親日国だよ

性格悪いわ

 

とにかく、トルコ人って自己中なんだろうなと感じた。

歩きタバコも当たり前で危ない。

スモーカー多し。

 

ストレスを感じつつ、レストランへ

 

ケバブ
f:id:inoppi24:20190326164359j:image

ピタパンみたいな生地に、ラム肉、ポテト、トマト、ししとう

 

やたら日本語で馴れ馴れしく接客してくる。

まだ食べてるのに、

スープフィニッシュ?

オイシクナイ?

気が早いって、落ち着いて食べさせてよ

さっさと片付けたいのかな

 

最後、精算の時

「ティップティップ( ̄▽ ̄)ニヤニヤ」

金が欲しくて気遣ってる風装ってたのかな

 

親日のフリしたウザイ店員だった。

 

その後スーパーにばら撒きお土産になるものないか見に行ったが

トルコらしいものは特に無かったので終了。

残念だったトルコ旅①出発

2019年3月21-26日、トルコへ行ってきました。

6日間と言っても、4日はほぼ移動で、観光日数は2日間。

場所はイスタンブールカッパドキア

本当はもっと時間を掛けて観光したいところですが、時間もお金も限られてるのでまあ仕方ないかなって感じ。

 

イスタンブールはブルーモスク、カッパドキアは奇石群と気球が目玉でした。

 

が、結論から言うと、割に合わない旅になりました…

帰国早々書きます…

 

 

1日目、3月21日(木)

 

成田空港から出発

乗り継ぎ便だったので、まずはアラブのアブダビ空港へ

f:id:inoppi24:20190326151951j:image

 

約12時間のフライトは長かった。

暇なので機内サービスのテトリスを5時間位やりまくって凌いだ笑

飛行機に乗っている人の中で上位10位くらいまでの得点ランキングが出るのですが、

全て自分の名前で埋めてやろうという無駄な目標を達成する為頑張った。

何がそんなに楽しかったのかは分からない。

 

エティハド航空でしたが、USB接続できるので充電できました。

バッテリー気にしなくて良かったので、ダウンロードしておいた電子書籍も少し読んでました。

 

3月22日(金)

1:00頃アブダビ空港着

アブダビイスタンブールの飛行機が9:45発なので

8時間の乗り継ぎ待ち…

 

昼間だったら、一旦アブダビに入国して少し観光したかったのですが、深夜の為、空港内でひたすら待つことに

 

アブダビのお土産を見てみようと思いましたが、そんなに種類見かけなかったです。

免税の酒やチョコレートのが多かったような。

 

 

とりあえず、ターミナルのデザインが面白いとネットで見たので見に行った
f:id:inoppi24:20190326145223j:image

正直、言う程でもない(個人的には)

 

 

ラク
f:id:inoppi24:20190326145346j:image

 

レゴのラク
f:id:inoppi24:20190326145443j:image

 

暇になったので、待合席で寝た。

ソファー席があったので、意外と寝やすかったです。

 

時間になったので、アブダビイスタンブールへ。

約5時間のフライト。

 

成田からイスタンブールまで、乗り継ぎ待ち含め25時間掛けての移動は中々キツかった。

骨格ストレートを無視して服を選んだ結果

骨格ストレート、カラーはオータムののっぴです。

 

もう春ですね。

 

春物の洋服を購入したのですが、今回はパーソナル診断を無視して選びました。

 

なんでかと言うと

 

・春なのにオータム診断意識して服を着ると「春なのに秋物の服使い回してるセンスのない人笑」になってる気がするから

・単純にその季節らしい爽やかな服が着たいから

・ギリギリ若いうちにちょっと外してるものでも着ておきたいから

(若いうちは肌の若さとかで何でも似合うのよと診断受けた時に言われたので…)

 

という理由でです。

 

が、、

結果、大失敗でした笑

 

購入したのはこちらの花柄ワンピース

踝より少し上くらいの長さ

f:id:inoppi24:20190317225109j:image

小花柄、薄い生地、広がるスカート

と、ストレートが苦手っぽい要素が多々

しかもパーソナルデザインもファッショナブルなので、顔にも身体にも合っていない笑

 

じゃあなんで買ってきたんだよって話なんですが、

お店の試着室で見た時は、うーん?、イケるイケる!って思ってしまったんですよね。

 

いや、内心イマイチかな?っていう気はしてたのですが、とにかく爽やかで若々しく可愛い春服が欲しい!と思っていたので、自分で自分を洗脳して押し通してしまった感じです。。

 

買ってきた後、知り合いに見て見て!っと着た姿を見てもらったら、

「パジャマみたい」「似合ってない」と言われた…

自分でも感じてた似合わない感を押し殺せなくなった笑

冷静に鏡を見ると、

 

・キュートな服に怖い顔が乗ってる

・太ってないのに妊婦さんみたい

・肩幅が目立つ

・尻がプリってるせいで、横から見てスカートが変に広がってる

・確かにパジャマ笑

高級リゾートで部屋着にするなら良いかも?みたいな雰囲気

 

ちなみに、こっちは以前購入した夏用のワンピース

f:id:inoppi24:20190317225907j:image

着てない状態だと分かりにくいが、

エストのゴムが丁度ウエストラインでキュッと絞られる

下のスカート部分はストレートで広がらない

色はグレーだが、若干黄味がかってている

 

一件地味だけど、着てみるとこっちのワンピースの方がしっくりくる…

(これもベストかというと分からないが)

 

今度からは、大人しく似合う方を選ぼうと思います…

試着して、ん?と思ったら一旦戻して家に帰ろう(´TωT`)泣

 

季節感、着たい服、なりたいイメージ、実際に似合う服

上手く擦り合わせるのって難しいですね(´Д` ;)

(私がセンス無いだけか)